特別区人事委員会 採用試験情報

  • 2020年度採用特設ページ
  • Special Movie
  • 特別区とは
  • 特集・メッセージ
  • 11職種の紹介
  • 23区紹介
  • 採用試験情報ページ
  • 採用試験の概要
  • パンフレット
  • 資料の請求方法
  • 採用試験案内
  • 採用試験実施状況
  • 試験問題の公表
  • Q&A
  • イベント情報
  • 合格発表
  • 採用試験情報トップ
TOP11職種の紹介 》保健師

11職種の紹介

保健師

  • 政策経営部
  • 総務部
  • 区民生活部
  • 保健福祉部
  • 子ども家庭部
  • 環境清掃部
  • まちづくり推進部
  • 教育委員会事務局

WORKS

  • 健康相談・健康教育・健康診断・家庭訪問などの地区活動
  • 感染症まん延防止活動など健康リスクへの対処
  • 難病患者や精神障害者への日常生活支援および家族のケア
  • 地域の健康問題の把握と対応策の立案
  • 健康なまちづくりの推進 etc.

特別区に決めた理由

 一次予防へ興味を持ったことをきっかけに、保健師の道を目指しました。大学卒業後に保健師の職に就き、専業主婦で子育てに専念する期間を経て、再び保健師として働き始めました。特別区は日本のなかでも多くの人口を抱え、多種多様な地域性を持ち、それぞれの抱える問題に先進的に取り組んでいる自治体です。また、保健師業務では市町村型、都道府県型の業務をあわせ持ち、区民のニーズをもっとも反映できる自治体だと考えて特別区を志望しました。

いまの仕事内容

 母子保健、精神保健に関する相談業務や、事業の運営、健診業務に携わっています。母子保健の分野では、妊娠の届出時の面接や、新生児乳児訪問、乳幼児健康診査や育児学級などを行い、精神保健の分野では、来所相談、病院などでのケース会議への参加、デイケアや家族会などを行っています。妊娠期の母子から高齢者まで幅広い世代の区民の健康をサポートします。多くの人と関わるなかで、区民の方や地域が、変容していく様子を実感しています。

MY PRIDE

 行政の保健師として、地域に足を運び、地域を知り、地域から学び、地域に還元するという思いを持って仕事をしていきたいです。日々の変化を見逃さずに、一つひとつの業務に取り組んでいきます。

INTERVIEW

TIME SCHEDULE

9:00
出勤(8:30-9:00まで部分休業を取得)
9:00-9:10
スケジュール・メールの確認
9:10-10:00
電話相談・相談記録の作成
10:00-12:00
家庭訪問・訪問記録の作成
12:00-13:00
昼休み
13:00-16:00
3・4ヵ月児健康診査
16:00-17:00
カンファレンス
17:00-17:15
不在中の伝言の確認、翌日のスケジュール確認
17:15
退庁
  • 事務
  • 土木(土木造園)
  • 造園(土木造園)
  • 建築
  • 機械
  • 電務電務
  • 福祉福祉
  • 心理心理
  • 衛生(衛生監視)衛生(衛生監視)
  • 化学(衛生監視)化学(衛生監視)
  • 保健師保健師
TOPへ