特別区とは

 特別区とは、東京23区のことをいいます。
 一般的な市町村と同じように、「基礎的な地方公共団体」として位置づけられており、区民にもっとも近い行政を担っています。
 政令指定都市の区(行政区)との違いは、区長公選制、区議会、条例制定権、課税権などを持って運営されていることです。
 特別区の役割は、23の自治体が、それぞれの地域特性を活かした政策を推進し、区民の期待に応えることです。
 大都市東京の確かな未来をつくるために、常に新しい課題にチャレンジしています。


特別区が求める人材像

そう、他の誰でもない「あなた」と 特別区は「自ら考え行動する人材」を求めています

ここ特別区には、23の魅力ある個性があります。このまちを愛し、区民の幸せのために、
自分の力を発揮したいと願うあなたへメッセージを贈ります。

“私たちは、特別区の未来をつくっていきたい。そう、他の誰でもない「あなた」と”

  • 。"聴くあなた 人の思いを理解し、誠実に[聴く]。そうして、自分のことのようにまっすぐ向き合う。そんなあなたを求めます"
  • 学ぶあなた 向上心を持って、自ら[学ぶ]。そうして、自分をみがき、人として成長していく。そんなあなたを求めます。
  • 考えるあなた 想像力、そして創造力豊かに、人々が笑顔になるための方法を[考える]。そうして、「私は、こう考えます」とポジティブに表現できる。そんなあなたを求めます。
  • 行動するあなた チャレンジする気持ちを忘れず、周りに働きかけて[行動する]。そうして、チームの中で自分の役割を果たしていく。そんなあなたを求めます。


ページ上部へ