令和元年度から、児童相談所等での経験を求める採用試験・選考を実施します!

1 児童相談所等での経験を求める採用試験・選考とは

 特別区では、児童相談所(一時保護所含む。)の円滑な開設・運営に向けた体制の強化を図るため、児童相談所等での有用かつ専門的な職務経験を有する人を確保することを目的として「児童相談所等での経験を求める採用試験・選考」を、令和元年度から実施します。
 試験・選考区分は「児童福祉」、「児童指導」、「児童心理」の3区分、採用区分は1級職、2級職(主任)、3級職(係長級)の3区分です。

2 「福祉」の試験・選考区分と「児童福祉」「児童指導」の試験・選考区分の違い

 経験者採用試験・選考における「福祉」は、平成29年度から実施している試験・選考区分です。
 「児童福祉」「児童指導」の試験・選考区分とは、採用時に想定される主な職務内容や、受験資格試験・選考方法等が異なります。ただし、いずれの試験・選考区分も福祉職として採用されます。採用後の人事異動によっては、「福祉」の試験・選考区分で採用された人が「児童福祉」「児童指導」の主な職務内容に従事することや、「児童福祉」「児童指導」の試験・選考区分で採用された人が「福祉」の主な職務内容に従事する可能性もあります。
 なお、すべての採用区分、試験・選考区分において、重複して申し込むことはできません。
 また、 I 類採用試験【一般方式】との併願もできません。

 試験・選考の詳細については、令和元年6月20日(木)発表予定の「特別区職員経験者採用試験・選考案内」をご覧ください。

3 主な職務内容

試験・選考
区分
主な職務内容 主な勤務予定先
(例示)
児童福祉 児童の福祉に関する相談対応、児童・保護者・関係者等への支援・指導等 児童相談所、一時保護所、
子ども家庭支援センター
児童指導 一時保護している児童の生活指導・学習指導・行動観察・行動診断等 児童相談所、一時保護所、
子ども家庭支援センター
児童心理 児童・保護者等に対する心理診断・心理療法・カウンセリング等 児童相談所、一時保護所、
子ども家庭支援センター
福祉
(参考)
児童・高齢者・心身障害者等に対する相談援助業務、各種事業の企画・立案・実施、生活保護ケースワーカー等 福祉事務所、高齢福祉課、子ども家庭支援センター、心身障害者福祉センター、児童相談所、一時保護所

※配属先や職務内容により、交代制勤務や夜間勤務の可能性があります。

4 試験日程(令和元年度)

項目 日程
告示 6月20日(木)
インターネット申込受付 6月20日(木)午前10時〜7月25日(木)午後5時(受信有効)
郵送申込受付 6月20日(木)〜7月23日(火)(消印有効)
第1次試験・選考 9月1日(日)午前9時30分集合〜午後0時5分終了予定
第1次試験・選考合格発表 10月18日(金)午前10時
第2次試験・選考 10月27日(日)・11月2日(土)〜11月4日(月)のうち指定する1日
最終合格発表 11月15日(金)午前10時

5 採用予定数(令和元年度)

採用区分 試験・選考区分 採用予定数
(名程度)
1級職 児童福祉 11
児童指導 5
児童心理 7
2級職(主任) 児童福祉 15
児童指導 5
児童心理 11
3級職(係長級) 児童福祉 8
児童指導 1
児童心理 8

※採用予定数は、平成31年4月1日現在のものです。直近の採用予定数は、令和元年6月20日(木)発表予定の「特別区職員経験者採用試験・選考案内」をご覧ください。

6 主な受験資格(令和元年度)

採用区分 試験・選考
区分
(1)国籍・年齢 (2)職務経験 (3) 経歴・資格・免許
1級職 児童福祉 国籍を問わず、昭和35年4月2日以降に生まれた人 民間企業等における当該職種に関連した業務従事歴(※別表1)が直近10年中4年以上ある人で、そのうち、児童相談所等での業務従事歴(※別表2)が2年以上ある人

「児童福祉」「児童指導」は、社会福祉士若しくは児童指導員の資格を有する人又は保育士となる資格を有し都道府県知事の登録を受けている人

「児童心理」は、学校教育法に基づく大学(短期大学を除く。)の心理学科を卒業した人又はこれに相当する人

児童指導
児童心理
2級職
(主任)
児童福祉 民間企業等における当該職種に関連した業務従事歴(※別表1)が直近14年中8年以上ある人で、そのうち、児童相談所等での業務従事歴(※別表2)が4年以上ある人
児童指導
児童心理
3級職
(係長級)
児童福祉 民間企業等における当該職種に関連した業務従事歴(※別表1)が直近18年中12年以上ある人で、そのうち、児童相談所等での業務従事歴(※別表2)が6年以上ある人
児童指導
児童心理

※別表1 当該職種に関連した業務従事歴

試験・選考区分 当該職種に関連した業務従事歴
児童福祉 社会福祉施設等での相談援助業務
児童指導 社会福祉施設等での相談援助業務又は直接処遇業務
児童心理 心理に関連する業務

※別表2 児童相談所等での業務従事歴

試験・選考区分 児童相談所等での業務経験
児童福祉 児童相談所(一時保護所を含む。)における児童福祉司としての業務経験(相談援助業務)
児童指導 児童相談所の一時保護所、児童養護施設又は児童自立支援施設における業務経験(直接処遇業務)
児童心理 児童相談所(一時保護所を含む。)における児童心理司としての業務経験(心理判定及び心理療法並びにカウンセリングの業務)

「当該職種に関連した業務従事歴」及び「児童相談所等での業務経験」の詳細については、経験者採用試験・選考Q&Aをご覧ください。

(注1)
業務従事歴について
  • 令和2年3月31日現在を基準日とします。
  • 会社員又は自営業者等として、1つの事業に週29時間以上従事した経験とします。
  • 1年以上の期間について、複数のものを通算することができます。
  • 満22歳に達した日の属する年度の翌年度の4月1日以降の期間に限ります。
  • 「児童福祉」「児童指導」は、社会福祉士若しくは児童指導員の資格を取得した後又は保育士となる資格を有し、都道府県知事の登録を受けた後における、当該職種に関連した業務従事歴(※別表1)が必要です。
  • 「児童心理」は、大学において心理学を専修し卒業した後若しくはこれに類する学科・専攻・コース等を卒業した後又は大学院において心理学を専攻する課程若しくはこれに類する課程を修了した後における、当該職種に関連した業務従事歴(※別表1)が必要です。
(注2)
「児童福祉」の当該職種に関連した業務従事歴に、保育園における保育士としての職務経験は含みません。
(注3)
「児童心理」の経歴・資格・免許欄の「これに相当する人」は、大学において心理学を専修し卒業した人若しくはこれに類する学科・専攻・コース等を卒業した人又は大学院において心理学を専攻する課程若しくはこれに類する課程を修了した人を指します。

※詳細は、令和元年6月20日(木)発表予定の「特別区職員経験者採用試験・選考案内」をご覧ください。

7 試験・選考方法(令和元年度)

項目 1級職 2級職(主任) 3級職(係長級)
第1次試験・選考 職務経験論文(1時間30分)・・・課題式(1題必須題解答)
第2次試験・選考 口述試験

※詳細は、令和元年6月20日(木)発表予定の「特別区職員経験者採用試験・選考案内」をご覧ください。

8 勤務条件(令和元年度)

勤務条件については、こちらをご覧ください。

9 過去の試験・選考問題

過去の試験・選考問題については、こちらをご覧ください。

10 経験者採用試験・選考Q&A

よくある質問については、こちらをご覧ください。

ページ上部へ