東京23区役所への転職。

1 特別区とは

 特別区とは、東京23区のことをいいます。一般的な市町村と同じように、「基礎的な地方公共団体」として位置づけられており、区民にもっとも身近な行政を担っています。政令指定都市の区(行政区)との違いは、区長公選制、区議会、条例制定権、課税権などを持って運営されていることです。
 特別区の役割は、23の自治体がそれぞれの地域特性を活かした政策を推進し、区民の期待に応えることです。大都市東京の確かな未来をつくるために、常に新しい課題にチャレンジしています。

2 経験者採用試験・選考とは

 特別区(東京23区)職員経験者採用試験・選考は、民間企業等での有用な職務経験を有する方を対象として、9月に実施している試験・選考です。
 採用区分は、年齢及び業務従事歴により、「1級職」「2級職(主任 I )」及び「2級職(主任 II )」の3区分に分かれています。各区分の採用予定数についてはこちら受験資格についてはこちらをご覧ください。

 第1次試験・選考(筆記)は、教養試験、職務経験論文、課題式論文です(専門試験は行いません)。
 なお、 I 類採用試験【一般方式】及び【土木・建築新方式】との併願はできません。

 試験・選考の詳細については、「経験者採用試験・選考案内」をご覧ください。

3 試験・選考日程(平成30年度)

項目 日程
告示 6月21日(木)
郵送申込受付 6月21日(木)〜7月23日(月)(消印有効)
インターネット申込受付 6月21日(木)午前10時〜7月26日(木)午後5時(受信有効)
第1次試験・選考 9月2日(日)午前9時30分集合〜午後4時45分終了予定
第1次試験・選考合格発表 10月19日(金)午前10時
第2次試験・選考 10月28日(日)・11月3日(土)・11月4日(日)のうち指定する1日
最終合格発表 11月16日(金)午前10時

4 採用予定数(平成30年度)

採用区分/
試験・選考区分
1級職 2級職(主任 I ) 2級職(主任 II )
係員の業務を行う職 係長職への昇任を前提とした、係長職を補佐する職
事務 143名程度 41名程度 9名程度
土木造園
(土木)
14名程度 10名程度
建築 17名程度 11名程度
福祉 15名程度 15名程度

5 受験資格(平成30年度)

採用区分 試験・選考区分 主な受験資格(平成31年3月31日現在)
1級職 事務

日本国籍を有する人で、昭和62年4月2日から平成3年4月1日までに生まれた人。

民間企業等における業務従事歴が4年以上ある人(ただし、1つの民間企業等での継続した経験のみを対象とし、複数の経験は通算しない)。

福祉については、社会福祉士若しくは児童指導員の資格を有する人又は保育士となる資格を有し都道府県知事の登録を受けている人。

土木造園
(土木)
建築
福祉

国籍を問わず、昭和62年4月2日から平成3年4月1日までに生まれた人。

2級職
(主任 I )
事務

日本国籍を有する人で、昭和57年4月2日から昭和62年4月1日までに生まれた人。

民間企業等における業務従事歴が8年以上ある人。業務従事歴は、1年以上の期間について、複数のものを通算することができる。ただし、そのうち1ヵ所については、継続した4年以上の経験を有すること。

福祉については、社会福祉士若しくは児童指導員の資格を有する人又は保育士となる資格を有し都道府県知事の登録を受けている人。

土木造園
(土木)
建築
福祉

国籍を問わず、昭和57年4月2日から昭和62年4月1日までに生まれた人。

2級職
(主任 II )
事務

日本国籍を有する人で、昭和48年4月2日から昭和57年4月1日までに生まれた人。

民間企業等における業務従事歴が13年以上ある人。業務従事歴は、1年以上の期間について、複数のものを通算することができる。ただし、そのうち1ヵ所については、継続した4年以上の経験を有すること。

※詳細については、経験者採用試験・選考案内をご覧ください。

6 試験・選考方法(平成30年度)

項目 1級職 2級職(主任 I ・ II )
第1次試験・選考 (1)教養試験(1時間45分)
五枝択一式(45題中35題解答)
(1)教養試験(1時間45分)
五枝択一式(44題中35題解答)
(2)職務経験論文(1時間30分)
課題式(1題必須解答)
(2)職務経験論文(1時間30分)
課題式(1題必須解答)
(3)課題式論文(1時間30分)
課題式(2題中1題選択解答)
(3)課題式論文(1時間30分)
課題式(2題中1題選択解答)
第2次試験・選考 口述試験

※詳細については、経験者採用試験・選考案内をご覧ください。

7 勤務条件(平成30年度)

項目 1級職 2級職(主任 I ) 2級職(主任 II )
初任給 約250,400円 約299,300円 約348,400円
勤務時間 1週間あたり38時間45分で、原則として土曜・日曜・祝日が休みです。
休暇等 年次有給休暇(原則1年間に20日)、夏季休暇、慶弔休暇、妊娠出産休暇、育児休業等
勤務地 東京23区の各区役所等

昇給制度

8 主な職務内容

試験・選考
区分
主な職務内容 主な勤務予定先(例示)
事務 企画調整業務、システム関連業務、広報広聴関連業務、産業振興関連業務、教育関連業務、福祉関連業務、公会計事務等 本庁各課、出張所、保健所、福祉事務所
土木造園
(土木)
道路・橋梁・公園等インフラ施設の設計・施工監理、都市計画等の企画・調査・調整等 都市計画課、都市整備課、土木工事課、道路整備課
建築 建築審査・構造審査、施設の改修改築設計・施工監理業務、施設営繕業務、施設管理分野、まちづくり等 都市計画課、都市整備課、建築課、営繕課
福祉 心身障害者・高齢者・児童等に対する相談援助業務及び各種事業の企画・立案・実施、生活保護ケースワーカー等 福祉事務所、高齢福祉課、心身障害者福祉センター、子ども家庭支援センター
※特別区では、児童相談所の設置に向けて準備を進めています。

9 試験・選考実施状況(平成28・29年度)

採用区分 試験・選考
区分
平成28年度 平成29年度
採用
予定数
受験者数 最終
合格者数
合格
倍率
採用
予定数
受験者数 最終
合格者数
合格
倍率
2級職 事務 106名
程度
921名 171名 5.4倍 132名
程度
960名 202名 4.8倍
土木造園
(土木)
15名
程度
19名 13名 1.5倍 11名
程度
25名 15名 1.7倍
建築 14名
程度
25名 16名 1.6倍 17名
程度
23名 14名 1.6倍
福祉 21名
程度
16名 12名 1.3倍
3級職
(主任主事 I )
事務 28名
程度
667名 48名 13.9倍 34名
程度
652名 57名 11.4倍
土木造園
(土木)
6名程度 15名 5名 3.0倍 9名程度 18名 9名 2.0倍
建築 9名程度 29名 11名 2.6倍 12名
程度
30名 16名 1.9倍
福祉 15名
程度
16名 9名 1.8倍
3級職
(主任主事 II )
事務 8名程度 422名 14名 30.1倍 9名程度 427名 15名 28.5倍
建築 2名程度 18名 2名 9.0倍

※平成29年度までは採用区分「2級職」、「3級職(主任主事 I )」及び「3級職(主任主事 II )」として採用試験・選考を実施。

※平成28年度以前の実施状況については、特別区職員採用試験(選考)実施状況をご覧ください。

10 過去の試験・選考問題

過去の試験・選考問題については、こちらをご覧ください。

11 経験者採用試験・選考Q&A

よくある質問については、こちらをご覧ください。

ページ上部へ