職種の紹介

機械/設備改修で区民の豊かな暮らしに貢献

Works

● 公共施設の建築設備(機械関係)の計画・設計・施工・工事監理・維持管理
● 公共施設竣工時の検査
● 清掃工場などの機械設備の維持管理、機械設備工事の設計・監督
● 建物設備の確認審査 etc.

Past:特別区を目指したきっかけ

人の役に立ちたい、人と関わる仕事がしたいと思い、就職先を調べていくうちに、地域に密着し、区民の声を直接聞ける特別区に魅力を感じました。なかでも、公共施設をより快適にするための施設整備に関わることのできる機械職は、区民の皆さんの豊かな暮らしに貢献できると思い、志望しました。

 

Now:今、頑張っている仕事

学校や集会場、地区会館など、区の公共施設の設備改修が主な仕事です。老朽化した配管や空調、トイレなどの設備改修の工事を発注するための設計図を描く設計業務と、実際に工事現場で施工状況や進捗管理などを行う監督業務の2つを担当しています改修工事は現場ごとにコンセプトが異なり、建物の状況や利用者の要望に合った設計をしなければなりません。そのため、まずは関係者からヒアリングを行い、要望を集約したうえで、設計事務所と設計を進めます。設計には自分の考えを反映させられるの、面白さとやりがいを感じます。また、設備機器や配管などは天井や床下、壁に隠れていることが多く、実際に工事が始まって解体してみたら、設計の段階では想定していなかった事態が判明することもあります。上司や先輩と相談しながら、状況に応じて問題を一つひとつ解決していき、無事、工事が完了すると、ひとつの作品のように思えて、誇らしいです。

 

Future:これから目指すこと

今、環境問題、高齢化などの時代の変化に合った施設が求められています。そこ、省エネやバリアフリーなどに関する条例や技術機器類の勉強にもっと取り組みどんな時代の変化にも対応できる職員になりたいですまた国家資格である管工事施工管理技士2級を昨年取得したので今後は1級を目指したいですし、いずれは1級建築士の資格も取りたいと思っています。

再生ボタンを押してください

尾形さんのある一日

08:30〜09:00
メールチェック、今日の予定の確認
09:00〜12:00
工事現場に行き、進捗状況、問題点などがないかを工事業者の担当者と打合せ
12:00〜13:00
昼食
13:00〜15:00
工事関係書類チェック
15:00〜16:00
工事発注用設計図面、内訳などのチェック
16:00〜17:15
仕事の進捗状況の確認、明日以降の予定作成

思い出に残る仕事

これまで小中学校のトイレ改修を数多く担当しましたが、生徒さんたちがきれいになったトイレを見て、「すごい!」「ありがとう」と言ってくれたことが嬉しかったです。

皆さんへのメッセージ

機械職は自分の仕事が形となって残ることが魅力です。また、専門的な技術や知識を求められるので、好奇心や探究心を持った人にはやりがいがあると思いますし、私たちも大歓迎です。

ページ上部へ